イタリアを食べつくす会、今回は”リグーリア”と言うことで”トラットリアサッサ”に伺いました。
イタリア旅で腕を磨かれたシェフの帰られてからの初会と言うことで期待が膨らみます!

001
相変わらずの壮観!

008



こんな泡から。
Spumante Brut Rives Major NV Cantina Cinque Terre

004



ファリナータ。
リグーリアのひよこ豆のパン、ピザ生地的なざっくりとした食感で香ばしい美味しさ。

003



いわしのレモンマリネ ワサビ菜サラダ
舌に響く味わい、レモン風味とワサビ菜でサッパリと美味しく頂きましたよ\(^o^)/

005



ジェノバ風ミネストローネ。
優しい味わい、野菜のうまみが活きています!

006



チーマ・ビネガーソースで。
リグーリアの替わりコンビーフといった感じでしょうか、こっくりとした味わい。

007



トロフィエ・ジェノベーゼ、フレッシュトマトのソース。
ジェノベーゼもリグーリアの名産、シズル感満載の口が喜ぶ素晴らしい一品でした!

009



コルツェッティ、木型で抜かれたパスタ。

010



コルツェッティ・牛ラグーのソース。
ぐっと凝縮感のあるソースをコルツェッティがしっかりと受け止めて、一体となった美味しさ。
これぞイタリアンの醍醐味ですね!

011



パンドルチェ、グラッパヴェルドゥッツォとともに。
こちらもジェノバ辺りで食べられているお菓子、それをおなじ州のグラッパヴェルドゥッツォで頂くのですから
合わないはずが有りませんね! \(^o^)/ 因みにグラッパヴェルドゥッツォはシェフが渡伊した際のハンドキャリーの品。

012



今回のワインはこんな感じ。
Spumante Brut Rives Major NV Cantina Cinque Terre
POGGIO DEI GORLERI CYCNUS
Lvnae Mea Rosa
Cascina Praie Cervorosso
Lvnae Circus Golfo dei Poeti

002



そしてグラッパも。

013


今回も素晴らしかった!!
イタリアで研鑽を重ねられて、以前にも増してイタリア的、シャフの魂はもはやイタリア人?という程イタリアンテイストな
リグーリアの街角のトラットリアで頂いたようなお料理でしたよ!
次回も凄く楽しみです!

ご馳走様!! \(^o^)/


trattoria Sassa (トラットリアサッサ)
神戸市兵庫区金平町1-17-14
078-381-6337
11:30~14:00 L.O.
17:30~22:00 L.O.
不定休